TOPICS

~貴方の会社は大丈夫?!昨今の情報セキュリティ事情~

2017.03.29

サイバー攻撃は、近年ますます高度化・巧妙化しており、攻撃件数も被害額も今後更に増加することが懸念されています。
企業がサイバー攻撃に対する防御対策を必死でたてていても
攻撃者はその攻撃手法を変えて対策をすり抜ける等のいたちごっこのような実態が続いており、
サイバー攻撃を完全に防ぐことは困難です。
◆直近の被害実例◆
 

 業 種 被 害 
 電気機器製造業 273件の不正ログイン 
 動画サイト 約22万件の不正アクセス 
 模型メーカー オンライン会員情報11万件流出 
 自動車メーカー WEBサイトがDDoS攻撃を受けて停止。
ネット犯罪組織による犯行声明
 菓子メーカー 最大約8万件の顧客情報流出 
 映像・音声制作業 顧客情報35万件流出 
 旅行会社 パスポート番号含む顧客情報34万件流出 
教育業界 被害総額200億円

 上記はほんの一例です。
◆サイバー攻撃の主な手口◆

名 称  内 容 
 DDoS攻撃 複数個所から同時に大量の通信やアクセスを発生させ、ネットサイトなどを利用できなくする手法 
WEBサイト改ざん 組織のサイトに外部より侵入し、WEBサイトの改ざんを行う攻撃
 標的型攻撃  金銭や知的財産(顧客情報等含む)などの重要情報の不正な取得を目的として特定の標的に対して行われる攻撃
 ランサムウェア PC内部のファイルを暗号化したり、ロックしたりすることで業務継続を困難にし
もとの状態に戻すことを引き換えに『身代金』を要求する攻撃 
 ヒューマンエラー PCやUSBの紛失・盗難、メールの誤送信等組織内部の人間の過失により発生する事故。 
 内部不正 組織内部の人間が個人情報や営業機密を社外に不正に持ち出すなどの行為。 
バックドア ユーザーに気づかれずに不正にコンピュータシステムへアクセスできるようにするアプリケーション

 サイバー攻撃の手口は多種多様です。マルウェア(コンピュータウィルスやワーム等のPCやその利用者に被害を与えることを目的とした悪意あるソフトウェアの総称)による攻撃、
 ウェブサイトの改ざんやDDоS攻撃、IDやパスワードを活用し他人になりすまして侵入する行為
やファイアウォール等を乗り越えて
不正にアクセスする行為等が典型的な攻撃としてあげられます。
従来の情報漏えいは、PCやUSBメモリの盗難・紛失、メールの誤送信、従業員による持ち出し等の人的要素が主な原因でした。
最近は標的型メール攻撃等の外部要因による情報漏えいによる被害も甚大になっています。

企業が不正アクセス等を初期に発見し、原因調査等の初動対応を速やかに実施することは、企業のリスク軽減のためにも極めて重要になります。
しかし、サイバー攻撃者は攻撃の痕跡を残さない、発見されにくくしているため、
企業が不正アクセス等を自ら検知・認識することは難しいのが実態であり、気が付いたときには、既に手遅れというケースも少なくありません。

原因調査には、専門家による迅速な対応を要するなど、原因調査に必要とされる時間や費用は企業にとって大きな負担となります。

そんな中、経済産業省の『サイバーセキュリティ経営ガイドライン』ではリスク移転策として、「サイバー保険の活用」が示されています。

◆サイバー保険(情報セキュリティ保険)とは?
企業のサイバーセキュリティ被害を総合的に補償する損害保険です。
もし企業がサイバー攻撃を受けてしまい、情報流出等の被害発生したときの備えとして役立ちます。

◆サイバー保険のメリット
事故が起きたとき、保険金が支払われたり、被害を最小限に食いとめるための効果的な初期対応コンサルティングサービスを受けられる
受け取れる補償金は保険会社によってちがいますが、次のようなお金が支払われます。

  • 損害賠償金
  • 争訴・訴訟費用
  • 原因調査費用
  • 見舞金(金券)購入費用
  • お詫び状作成・郵送費用
  • 謝罪広告費用
  • コールセンター費用
  • データ復元費用
  • コンサルティング費用
  • フォレンジック費用
  • 喪失利益
  • 営業継続費用
  • サイバーセキュリティ被害以外によって起きたネットワークの停止や、第三者に提供するソフトウェアなどの欠陥による損害

◆補償対象外もあります

  • 天災や労働争議が原因で個人情報が流出した場合
  • 海外サーバーに保存されている個人情報が漏えいした場合
  • ブランドイメージの低下

これらの場合は、補償の対象外であることがあります。こちらも保険会社により異なるので、事前にチェックしてから検討してください。

貴方の会社は大丈夫?!ぜひ一度会社のセキュリティ状況等ご確認ください。
クボタ保険では上記サイバー保険の取り扱いもございます
ご不明な点等ございましたらクボタ保険にお問い合わせください
下記コメント欄からのお問い合わせでも結構です

 

弊社では、各種保険セミナー、安全運転講習会、保険の見直し相談等も随時実施しております。

保険に関するお問い合わせは

(大阪本社)
Tel:(06)6648-3721 | Fax:(06)6648-3729 | フリーダイヤル:0120-11-3721
(東京支店)
Tel:(03)3245-3886 | Fax:(03)3245-3891 | フリーダイヤル:0120-388-603

までお気軽にお問い合わせください。

頂きましたコメントは弊社管理者承認後に表示されます。ご承知おき下さいますよう宜しくお願い申し上げます

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページの先頭へ